住宅ローンの借り換え時、病気になっていたら審査に落ちるのか

住宅ローンを借り換えたい時には住宅ローンを新規で借りるときと同様に、審査が行われます。
住宅の担保価値だけではなく、利用者の年収や健康状態といった個人情報から審査が行われます。
ローンを貸している金融機関は利用者に滞りなく毎月一定額を返済してもらうため、健康であるかどうかの審査は必ず行われます。
住宅ローン返済開始時には健康状態には問題なかったものの、借り換え時には何らかの病気にかかっていたり、身体の変化により断られるというケースもあります。
住宅ローンは長期にわたって組んでいることが多く、この間にいつ病気になるかは予想出来ません。
しかし、このようなケースが起きた時に備え、住宅ローンの返済を保証する保険があります。
これは団体信用生命保険と呼ばれています。
多くの金融機関金融機関で、ローンの計画を立てる時に、この保険の加入が義務付けられています。
加入の条件は病気を患っていないことや高齢でないことなど、様々です。
それだけでなく特定の疾病については適用が可能な場合もあります。
このようなことから、病気にかかったからといって必ず審査に通らないということはありません。
疾病の重さにもよりますので、医師の診断書の提出を求められた際に相談するのが良いです。