マンション売却でローンはどうなるか

マンション売却では、ローンの残高が大きく影響します。
まずはマンションを査定してもらって、マンションがいくらくらいで売れるかを予想します。
マンション売却で得たお金でローンが完済できるので、なにも問題はありません。
マンションについた抵当権も解除できるので、通常の売却方法で売ることができます。
しかし、マンション売却をしてもローンが完済できない場合には、そのままではマンションが売れない可能性が高いです。
なぜなら、借金が完済できないと抵当権が解除できないので、いつ強制売却されてしまうかわからない状態になるからです。
そのような物件を買いたいという人は特殊な例をのぞいて存在しません。
しかし、貯金などを使って残りのローンを完済することができれば、マンション売却が可能になるケースもあります。
裏技的な方法ですが、任意売却を利用するという方法もあります。
任意売却は住宅ローンを返済できなくなった人が利用する制度なので、ただ売却したいだけの時にはあまりおすすめできない方法です。
3ヶ月以上の延滞が必要になるので、ブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。
しかし、このような方法があるということも知っておくといいかもしれません。