マンション売却で繰り上げ返済はどうするか。

マンション売却を考えている場合、早急に売りたいのなら繰り上げ返済をした方が良いです。
住宅ローンが残っていると売却額をそのまま充てることになりますが、そうなるといくらで売却するのかが非常に気になります。
また完済すると抵当権が抹消され、契約日から決済日までの期間が短くなり、早期の買取を求めている不動産業者との取引が円滑になります。
しかし早急にマンション売却する予定がない場合は繰り上げ返済を急がない方が良いです。
完済を急ぐと手元から多額のお金がなくなってしまいます。
急な出費はいつ起こるかわかりません。
繰り上げ返済をするならある程度手元にお金を残して行うことが良いでしょう。
また、マンション売却をする際は様々な費用がかかります。
抵当権を抹消する費用、登記上の住所が現住所と異なる場合は変更登記する費用、これはどちらも司法書士へ支払うことになります。
そして、繰り上げ返済をした場合は金融機関への手数料、売却したことによって得た所得には他の所得とは別に所得税と住民税が課税されます。
一定の条件を満たしたマンションには控除もあるのでそちらで税金の優遇はあります。
また大きな費用としては不動産業者に支払う仲介手数料です。
マンション売却にはこのようにもかかる費用もあり、繰り上げ返済をするかどうか慎重に進める必要があります。